再建築不可の建物でも購入してくれる人はいるのか

そもそも再建築不可とは?ななみ都市開発なら再建築不可物件でも相談にのることが可能です。 - 再建築不可物件をとは?その条件と改善・利用方法について

再建築不可物件をとは?その条件と改善・利用方法について

lolud
建築基準法と言う法律では、基本的には家は道路に2m以上接していないと建物を建てる事が出来ないと言う事になっています。
この事を接道義務と言いますが、この法律を満たしていなければ、どんなに素晴らしい中古物件でも、一戸建てでも、マンションであっても、再建築不可となってしまうのです。
再建築不可な物件であってもななみ都市開発に相談すれば、何らかの方法が見つかる可能性もあります。
ななみ都市開発に頼んで良かった
再建築不可と言う意味と、その対処法等について考えて行きたいと思います。

再建築不可と言うものは何でしょうか?

再建築不可とは、先にも少し触れたように、道路に2m以上接道していないと建物を建ててはいけないと言う法律です。
接道義務と言いますが、これを果たしていない場合には、再建築が認められないため、再建築不可物件を購入してしまった場合には、例え老朽化が進んでいても建て替える事が出来ないのです。
このような条件を満たしていない物件を再建築不可物件と言います。

再建築不可には但し書きがある

建築物の敷地の周囲、或いは近辺に広い空き地や更地のような空間があり、安全に支障をきたさないと認められた場合は、接道義務を果たしていなくても建て替えが出来ると言う但し書きがあります。
これは空き地や更地と言っても、他人の所有地等の場合では適用にならず、田畑等も該当するとは限りません。
つまり、今後万一の時に、消防や避難等をしなくてはならない時に、安全上支障が無い事が条件となるのです。
ではどのようなところがその空き地や空間として認められるのかと言うと、一般的には公園や広場等が挙げられます。

接道義務を果たしていても制限がかかるケース

建築物の敷地に2m以上の道路が接していて、接道義務を果たしていても、安全上の支障があると認められた場合は、建築物の敷地が接していなければならない条件が付く場合があります。
これを条例による接道義務の付加と言いますが、具体的には、その建築物の敷地が接していなければならない道路の幅、接道の長さ、その他の道路との関係に制限が付く事があると言うものです。

再建築不可物件を購入してしまい、何とか老朽化を改善したい場合はどうしたら良いのでしょうか?

再建築不可物件は、前述したように建て替える事が出来ません。
ですが、リフォームはする事が出来ます。
こうした物件は日本全国にあり、中古物件を探していると必ずと言っていいほど見つかります。
再建築不可物件は、建て替える事は絶対に出来ませんが、建て替えたようにリフォームする事が可能です。
老朽化が進んでいる状態であれば、まるで建て替えたかのように隅から隅までリフォームをする事がおすすめなのです。
リフォームなら何の問題も無く好きなように出来ますので、ある意味では自由度が高くなる可能性があります。
ただし、増築は出来ませんので、この点には注意が必要となります。
また、再建築不可物件があった土地を更地にしたとしても、新しく建物を建てる事は出来ませんので、覚えておかなくてはいけません。

再建築不可物件を改善するには?

再建築不可物件を、その条件から外す為には、ある方法があります。
それは、しかるべき認められた道路と自分の再建築不可物件を繋げる事がポイントになります。
つまり、再建築不可物件の条件をクリア出来れば良いのです。
個人の力ではなかなか難しい事がありますが、これが個人の住宅であっても、店舗の場合であっても、再建築可能な物件にする事は努力出来る事なのです。

再建築不可物件を上手く利用するなら

再建築不可物件と言うのは大抵の場合、一戸建てでもかなり安く入手する事が出来ます。
同じような間取りや土地面積であっても数割から半額以上も安くなる事があるのです。
こうした物件は安く購入をして、リフォームを行い、賃貸にする事がおすすめなのです。
良く考えてみると、再建築不可物件だから嫌だと言う風に思うような入居者と言うのはほぼいません。
つまり、毎月の収入を得る事を目的とするのであれば、非常に便利に利用する事が出来る物件なのです。
例えば再建築不可物件を50万円で購入し、100万円かけてリフォームしても、毎月5万円の家賃収入があるとしたら、住宅ローンもすぐに払い終わる事でしょう。

再建築不可物件についてのまとめ

再建築不可物件とは、接道義務を果たしていない物件の事で、万一の時に消防や避難等の安全が確保出来ない物件を指します。
しかし、接道条件を満たす事で再建築不可物件では無くなる事もありますので、ある程度の努力は出来るかもしれません。
また、投資を目的として再建築不可物件を購入するなら、安く購入してリフォームを行い、賃貸としてキャッシュフローを得るようにする事がおすすめです。
住宅ローンについてもこの方法なら早期に払い終える事が出来ますし、こうした物件を数多く持つ事で、賃貸経営も上手くやっていく事が出来る様になるのです。